北海道室蘭市の観光資源となっている工場夜景で、目玉とされるJXTGエネルギー室蘭製造所の保安灯約1万個のうち約5千個が8月ごろ点灯を終えることが29日分かった。高さ約180メートルの煙突のライトアップは続ける。製造所は赤字に伴い4月から物流拠点となる。市はこれまで通りの点灯を求めたが、JXTGは管理が難しいとして約半数の消灯を決めた。

 物流拠点化により稼働停止する設備の区画を消灯する。室蘭市の青山剛市長は「残念に思う部分もあるが、引き続き夜景観光に取り組んでいきたい」とコメントした。