昨年7月に41.1度を記録し国内最高気温を更新した埼玉県熊谷市で14日、毎年恒例となっている高さ4メートルの大温度計が八木橋百貨店前に設置された。

 タイトルは「熊谷夏の陣」。同市が、9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)の会場になっていることから、サブタイトルは「猛暑にタックル」と銘打った。熊谷地方気象台の発表を基に、午前11時と午後2時の1日2回、店員が手作業で気温を表示する。この日はあいにくの曇り空で、午前11時は18.9度だった。

 以前の国内最高気温は、2013年8月に高知県四万十市で観測した41.0度だった。