和歌山県串本町の大島港近くにある水門神社の例祭「水門祭」が8日、行われた。地元の若者らが乗り込んだ2隻の舟による「櫂伝馬競漕」では、港を舞台に迫力のレースを展開し、観客から盛んな声援が送られた。

 舟は全長約10メートルの木造。「鳳」「隼」の2隻に17人ずつ乗り込み、対岸の串本港までの往復3.6キロで競った。上半身裸の若者らは「ヤーヤー」と声を上げ、勇ましく櫂をこいだ。

 勝利した隼のかじ取り役山本歩夢さん(20)は「練習の成果が出せた。うれしい」と話した。

 大島港は古くから良港として知られ、商船の寄港地としても栄えた。