1994(平成6)年10月2日、広島市で第12回アジア競技大会の開会式。首都以外での開催は初めてで、カンボジアが復帰、ソ連崩壊で中央アジア5カ国も加わり42カ国・地域の史上最多。中国選手に大量ドーピング違反が発覚し金メダル137個から12個を剥奪。日本は59個が64個に修正され韓国を上回り2位に。