秋田県男鹿市で31日、大みそかの伝統行事「ナマハゲ」が行われた。鬼のような面をかぶり「泣く子はいねがー」と雄たけびを上げて集落を練り歩くも、昨年に続き、新型コロナウイルス感染防止対策のため、家では静かに。中止した地区も多かった。

 普段は雄たけびを上げながら家内に入り、もてなしも受けるナマハゲだが、今年も昨年と同様に玄関までで退散。しぐさや小さなうなり声で子どもたちを怖がらせようと奮闘し、対面した林田惇太郎ちゃん(1)は顔を背けて泣きながら母親にしがみついた。

 祖父菅原寿さん(64)は「来年は思い切りできるよう願っている」と語った。