JR東日本は12日、IC乗車券「Suica(スイカ)」をデポジット(預かり金)なしで利用できる「スイカ ライト」の販売を始めた。スイカが普及していない地域から首都圏を訪れる修学旅行生らの利用を想定しており、購入の申し込みは100枚以上から。一般販売はしない。

 JR東によると、グループの旅行会社「びゅうトラベルサービス」の窓口で申し込める。他の鉄道会社でも使え、2万円が上限の現金チャージ額はスイカと同じだが、500円のデポジットは不要で使用期間は6カ月以内に限る。

 訪日外国人の利便性を高めようと2019年9月に導入した「ウエルカムスイカ」と類似の仕組み。