大阪市浪速区の観光名所「通天閣」の新たなアトラクションとして、全長60メートルの滑り台「TOWER SLIDER(タワースライダー)」が9日、オープンした。ゴールデンウイーク(GW)明けにもかかわらず、開業前に約40人が列を作る人気ぶりを見せた。

 同日未明から並んだ宮崎市の会社員早川伸吾さん(54)は一番乗りで滑り「くねくねと回転してスリルを感じた」と満足げに話した。

 滑り台はチューブ状で高低差26.5メートル。エレベーター塔の外周を1回転半しながら約10秒で滑り降りる。スロープ部分の天井は透明で、降下しながら景色も堪能できる。