フグの季節の到来を告げる「初競り」が26日未明、日本有数の取扱量を誇る山口県下関市の南風泊仮設市場であり、天然と養殖のトラフグ計約1.7トンが競り落とされた。1キロ当たりの最高値は昨年を2千円下回る1万6千円だった。9月に入っても残暑が続き、需要が上がらず、安価となった。

 午前3時20分ごろ、開始を告げるベルが鳴ると、競り人が「ええか、ええか」というかけ声を出し、筒状の黒い袋の中で仲買人と指を握り合って値段を決める「袋競り」が行われた。取引は約15分で終了。競り落とされたフグは、東京や大阪などに出荷される。