気象庁は1日、秋(9〜11月)の天候まとめを発表した。暖かい空気に覆われやすく、寒気の影響が弱かったため、全国的にかなり高温となった。日本の秋の平均気温が基準値(2020年までの30年平均値)を0.9度上回り、1898年の統計開始以降、19年の記録を更新し、過去最高だったことも明らかにした。

 天候まとめによると、平年より北日本で1.0度、東日本で0.8度、西日本で1.0度上回った。北海道根室市は12.6度、佐賀市は20.4度と、それぞれ平年より1.4度高く、過去の記録を更新。福島市や富山市など11地点でも過去最高と並んだ。