京都府宇治市の世界遺産・平等院で13日、夜間特別拝観を前に鳳凰堂と紅葉のライトアップが公開された。色づき始めたモミジに囲まれた鳳凰堂が、柔らかな光に照らされ秋の夜空に浮かび上がった。

 今年は鳳凰堂建立から970年に当たり、限定の御朱印も販売。担当者は「事前申し込み制なので、ゆったり見て回れる。京都の秋を楽しんでほしい」と話した。

 夜間特別拝観は今月18、19、23〜26日と12月2、3日の午後6時から8時半。拝観料は大人1500円、小中高生千円で、平等院公式サイトから予約できる。