福井県坂井市の魚問屋で13日、天皇、皇后両陛下や皇族に献上するために、特産の「越前ガニ」を釜ゆでする作業が行われ、報道陣に公開された。県主催の恒例行事で、今年で98回目。

 釜ゆでにしたのは、同市の三国港で9日に水揚げしたズワイガニの雄15匹。いずれも全長約80センチ、重さ約1.3キロという。

 カニは大きなボイラーで約30分ゆでられ、鮮やかな朱色に。作業は地元の魚問屋4軒の持ち回りで、今年担当した伊野魚問屋の伊野勝博代表(72)は「寒い時期を迎えて身が引き締まっている。ゆでもうまくいった」と話した。

 献上は1922年に始まり、戦時中や昭和天皇が死去した89年などを除き続いている。