JR九州の古宮洋二社長は24日、前日に営業運転を終えた人気観光列車「SL人吉」をけん引した蒸気機関車(SL)を、熊本県人吉市に無償譲渡する方針を明らかにした。2009年に運行を始めたSL人吉は、20年7月の豪雨被害で一部区間が不通となった肥薩線を含む熊本―人吉間を走っていた。

 JR九州は24日、関係者約70人をSL人吉に乗せ、熊本―八代(熊本県八代市)間を特別に運転。八代駅ではSLのかまから移した火を消す「火消し式」を行った。駅には沿線住民や鉄道ファン計約600人が集まり、乗務員らと記念撮影していた。