23日午前9時半ごろ、福島県矢吹町の住宅敷地内で、木の枝を切り落としていた農業馬上久光さん(63)=同県玉川村=と妻の智代子さん(58)が約10メートルの高さから転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は出血性ショックとみられる。

 県警によると、2人は住人に木の剪定を頼まれ、クレーン車でつり上げたゴンドラに乗って作業中、ゴンドラをつっていたフックが外れて傾き、地上に落下した。県警が詳しい事故原因を調べている。

 クレーンを操作していた男性が、2人が落ちるのを目撃し「約10メートルの高さから転落して意識がない」と119番した。