12日午前7時35分ごろ、愛知県小牧市文津の市道で、横断歩道を渡っていた登校中の小学生の列に軽乗用車が突っ込み、2年の男児(7)と6年の女児(12)をはねた。2人は病院に運ばれ、男児は目の付近を骨折する重傷とみられ、女児はすり傷を負った。

 小牧署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた会社員沢井宏行容疑者(22)=小牧市=を現行犯逮捕。容疑を認めており、事故の原因や詳しい状況を調べている。

 同署によると、横断歩道には押しボタン式の信号機が付いていた。児童らは7〜8人で集団登校していたとみられる。