ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が2016年3月期までの4年間で計約939億円の申告漏れを東京国税局から指摘されたことが、関係者への取材で18日分かった。1千億円近い規模の申告漏れは極めて異例だが、過去の赤字と相殺され、過少申告加算税を含む追徴税額は約37億円にとどまるという。

 関係者によると、申告漏れの対象は、SBGが買収した海外企業がタックスヘイブン(租税回避地)に持つ子会社の所得。SBG広報室は「既に修正申告を済ませた。国税局の指摘に従い適切に対応した」としている。