熊本県立高校3年の女子生徒(17)が今月、いじめを受けたことをほのめかす遺書を書いて自殺していたことが27日、同校関係者と生徒の両親への取材で分かった。関係者は「現時点でいじめやトラブルは把握していない」としており、生徒への聞き取り調査を進めるという。両親は第三者委員会を設置して調査するよう県教育委員会に求めている。

 関係者によると、生徒は17日午前、体調不良を理由に学校を早退。同日午後に自宅で倒れているところを祖母が見つけ、病院に搬送されたが、18日未明に死亡した。

 両親によると、遺書には「『死ねばいい』と言われた」「死にたい」などと書かれていた。