東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)の両隣にいた女性2人が切り付けられ、殺害された会社員梅田耕太郎さん(38)が止めに入るまで数秒しかなかったことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、2人掛けの座席で小島容疑者の右隣にいた女性が最初に襲われた。女性は「男が突然立ち上がり、無言で切り付けられた」と説明。直後に後方に逃げた。通路を挟んで左隣の3人掛けの座席にいた女性はすぐ逃げたが、背後から切り付けられた。

 小島容疑者の2列後ろの座席にいた梅田さんが止めに入り、首を切られたとみられる。