17日午後に起きた東北新幹線の車両トラブルに伴うダイヤの乱れは18日も続き、JR東日本によると、東北、山形、秋田、上越の各新幹線に影響が出た。4線で始発から上下線4本が運休、13本が最大で1時間15分遅れ、約8200人に影響が出た。

 17日のトラブルの影響で、車両が車庫に戻るのが大幅に遅れ、整備に時間を要したのが原因。北陸新幹線は平常通り運転している。