大阪府高槻市は18日、地震で市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が下敷きになり死亡したブロック塀について、建築基準法で定める高さを超え、法に適合していなかったと明らかにした。基礎と塀を固定する設備もなかった。

 市によると、ブロック塀の基礎部分は高さ約1.9メートル。その上に設置していた高さ約1.6メートルのブロック塀を足すと約3.5メートルとなり、2.2メートル以下の基準を超えていた。塀は地震で約40メートルにわたり道路側に倒れた。

 市は、基礎部分の設置を1974年と確認。