岐阜県大垣市の名神高速道路で3月、大型トラックが観光バスに追突し乗客ら35人が重軽傷を負った事故で、岐阜県警は19日、トラックの運転手とスマートフォンで通話したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)のほう助容疑で、群馬県桐生市の男性運転手(47)を書類送検した。

 県警によると、通話相手を同法違反のほう助容疑で摘発するのは全国でも珍しいという。また、同僚で追突、死亡したトラックの男性運転手(56)=同市=も同法違反の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。

 県警によると、追突トラックのドライブレコーダーや死亡男性のスマホの履歴を調べ、通話が発覚した。