金沢市役所で3月、環境局長ら職員の男女4人が刺され重傷を負った事件で、金沢地検は20日、殺人未遂などの疑いで逮捕された同市の無職男性(33)を不起訴処分にした。鑑定留置の結果などから、事件当時、心神喪失状態で、刑事責任能力を問えないと判断した。

 金沢地裁は同日、地検の申し立てを受け、心神喪失者等医療観察法に基づく鑑定入院を命じた。

 事件は3月14日に発生。職員4人が庁舎内のトイレなどで相次いで刺され重傷を負った。石川県警は男性を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕し、同20日と31日に殺人未遂の疑いで再逮捕。地検は4月12日から今月12日まで鑑定留置していた。