心臓病治療で知られる榊原記念病院(東京都府中市)で2006年、医師の誤った麻酔処置が原因で当時2歳だった次男が死亡したとして、両親が病院を運営する公益財団法人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、計約3200万円の支払いを命じた。

 判決によると、男児は先天性心疾患で06年9月に心臓カテーテル検査で全身麻酔を受けた際に低酸素脳症になり、約3カ月後に死亡した。

 手嶋あさみ裁判長は麻酔薬の濃度を途中で下げなかったなどとして病院側の過失を認定。06年5月にも同様の麻酔事故が起きていたことに言及し「教訓を十分に生かし切れなかった面がある」と指摘した。