21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で、近くの小学生岡野創太君(9)が横転した遊具に挟まれ、胸を強く打つなどして病院で死亡した。岸和田署が原因を調べている。

 岸和田署によると、当時は岡野君と父親、きょうだい2人の計4人で遊んでいた。台車の上に木枠を設置した手作りの遊具をロープで引いている際、何らかの原因で遊具が横転した。遊具の大きさは高さ約135センチで長さ約120センチ、幅約70センチだった。

 現場は、南海本線岸和田駅から南西約800メートルの住宅街。