天皇、皇后両陛下は25日、東京・上野の日本学士院会館を訪れ、日本学士院賞の第108回授賞式に臨席し、拍手を送られた。来年4月末で退位する陛下にとっては最後の機会。授賞式に先立ち、受賞者から研究成果の説明を受ける場も設けられ、一人一人に「おめでとう」と声を掛けた。

 日本学士院賞は、優れた業績を収めた研究者に贈られる。今回は、中世フランス語の辞書を編さんした松村剛東京大教授(58)や、生物の細胞内の成分濃度を調整するタンパク質の構造を明らかにした豊島近東京大教授(63)ら9人を選んだと発表した。両氏は恩賜賞にも選ばれた。