政治団体「日本歯科医師連盟(日歯連)」の迂回献金事件で、政治資金規正法違反の罪に問われた前会長高木幹正被告(73)と元会長堤直文被告(76)に、東京地裁は27日、いずれも禁錮1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。