17日午後5時40分ごろ、那覇市の那覇空港に着陸した航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cが動けなくなり、滑走路が閉鎖された。航空各社によると、那覇空港に向かう便が行き先を変更するなど影響が出た。機体はけん引され、空港は午後7時20分ごろ運用を再開した。乗員5人にけがはない。

 同基地によると、主脚の左側と前輪タイヤがパンクしたとの情報があり、状況や原因を調べている。

 国土交通省那覇空港事務所によると、午後8時の時点で欠航や遅れ、行き先変更など、計46便に影響が出た。