日本列島は21日も高気圧に覆われ、東北から西日本の広い範囲で朝から気温がぐんぐん上昇、35度以上の猛暑日となる地点が相次いだ。気象庁は各地に高温注意情報を出し、水分や塩分の補給、エアコンの適切な利用など熱中症を予防する対策を呼び掛けた。

 気象庁の観測によると、21日午後1時までの最高気温は、兵庫県豊岡市38.0度、埼玉県の鳩山町と寄居町で37.3度、群馬県伊勢崎市37.2度。西日本豪雨の被災地では岡山県倉敷市32.5度、広島県府中市33.8度、愛媛県大洲市35.6度などとなっている。東京都心は34.6度、大阪市は34.8度。