和歌山市で1998年7月25日に発生した毒物カレー事件から20年となるのを前に、再審請求中の林真須美死刑囚(56)の支援者集会が21日、大阪市内で開かれた。夫の健治さん(73)や長男(30)を含め約100人が参加。集会の終わりには「私は無実です」という林死刑囚のメッセージが代読された。

 今回の集会では、弁護団の安田好弘弁護士と健治さんの対談が行われ「カレー事件は真須美さんの犯行と思うか」と問われた健治さんは「真須美はやっていないと思う」と返答した。

 事件では和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡。2009年に死刑が確定した。