私大支援事業を巡り受託収賄容疑で文部科学省の前局長佐野太容疑者(59)が逮捕された事件で、東京医科大側との仲介役となった元会社役員谷口浩司容疑者(47)=受託収賄ほう助容疑で逮捕=の関連会社が、佐野容疑者の息子の海外旅行費用を一部負担していた疑いのあることが23日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、息子が医科大に不正合格したとみて実態解明を進めている。

 特捜部は勾留満期の24日、受託収賄罪で佐野容疑者を起訴する。不正合格に関与したとして、贈賄罪で東京医科大の臼井正彦前理事長(77)と鈴木衛前学長(69)を在宅起訴する。