日本列島は26日も西日本を中心に高気圧に覆われ、和歌山県日高川町で32.7度を観測するなど各地で気温が上がった。水分・塩分補給など熱中症への対策が必要だ。島根県津和野町、広島県大竹市、愛媛県四国中央市などでも32度を超えた。

 気象庁によると、26日は強い日差しで地上の気温が高くなるが、上空約6千メートルにマイナス6度程度の寒気が流れ込み、東の海上から湿った空気も入り込んでいる。

 26日午後から27日にかけては東日本や西日本で大気の状態が不安定になり、太平洋側を中心に雲が広がりやすい。気象庁は落雷や竜巻、ひょうに注意を呼び掛けている。