台風15号は15日午前3時前、宮崎県日向市付近に上陸し、九州を縦断した。同日中に熱帯低気圧に変わる見込み。気象庁は、西日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になっているとして、強風やうねりを伴う高波、大雨への警戒を呼び掛けている。土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に備えが必要だ。

 気象庁によると、15日未明に宮崎県都農町で1時間に55.5ミリの非常に激しい雨が降ったほか、宮崎県延岡市で26.4メートルの瞬間風速を観測した。九州や中四国では、台風通過後も暖かく湿った空気が流れ込むため非常に激しい雨が降る恐れがある。