障害者雇用水増し問題に絡み、横浜家裁の事務官だった男性が、23年前に当時の上司から障害者として名前を貸すよう要請された経験があると、23日までの共同通信の取材に対し明らかにした。