日航が実施している乗務前のパイロットに対するアルコール検査で、基準を超えたため乗務員が交代するなどして運航遅延となったケースが、昨年8月以降、12件あったことが15日、日航への取材で分かった。内訳は機長8人で、副操縦士が4人。呼気1リットル当たり0.12〜0.25ミリグラムのアルコールを検出したという。

 同社は全パイロットに検査を実施しており、呼気1リットル当たり0.1ミリグラム未満でないと乗務できないと定めている。

 検査は日航の社内規定に基づいて複数回実施したといい、12件のうち4件は基準値を下回り、アルコールの影響がないことを確認しそのまま乗務した。