高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井仁貴市議(28)が道交法違反の罪で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていたことが6日、分かった。起訴は10月29日付。久井市議は取材に「運転中におなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。公人の立場で法律を守れず、反省している」と話した。

 市議によると4月9日、私用で大分県の温泉へ一人で行く途中、大分市の東九州自動車道で制限速度を89キロ超過して走行。速度違反自動監視装置で検知され、発覚した。

 近く初公判が開かれる予定で、市議会は裁判結果を踏まえて処分を検討する。