大阪・ミナミのホストクラブで2012年、男性従業員のホスト=当時(21)=が一気飲みをして急性アルコール中毒となり死亡したのは店側が救命措置を怠ったためだとして、両親が経営会社「ダイヤモンド」(大阪市)と経営者らに計約8600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(酒井良介裁判長)は26日、同社に約7300万円の支払いを命じた。

 判決などによると、男性は12年4月ごろから同市中央区の店で勤務を始めた。8月1日の早朝、客席を盛り上げようと、焼酎やテキーラを一気飲みして酔いつぶれ、泡を吹いているのを他の従業員が発見。病院に救急搬送されたが、死亡した。