東京都墨田区の東京スカイツリーは10日夜、白くライトアップされた。1945年の東京大空襲から74年となったことに合わせた。

 大空襲では、ツリーがある墨田区など下町が激しい被害に見舞われた。例年、この日にライトアップして約10万人とされる犠牲者への鎮魂の願いを込めている。スカイツリーの担当者は「派手な演出を避け、シンプルに鎮魂の気持ちを表している」と説明した。

 スカイツリーは11日夜も東日本大震災の被災地復興を願い、ハイビスカスやゆりなど5種類の花が咲く様子をイメージしたライトアップをする予定という。