コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)の自宅から、吸引時に使用したとみられる外国紙幣を押収したことが13日、関東信越厚生局麻薬取締部への取材で分かった。外国紙幣は、本人の部屋から細く丸められた状態で見つかり、ストローのようにして鼻から吸引した可能性がある。

 麻薬取締部は、瀧容疑者を、取締部が入る東京都千代田区の庁舎から留置先の警視庁東京湾岸署に移送。12日の捜索で押収した携帯電話の通信記録などから、コカインの入手ルートを調べる。