体育の授業で前屈運動をする際、教師に背中を強く押されて腰椎椎間板ヘルニアを発症し長期間登校できなかったなどとして、奈良県大和郡山市の県立郡山高を3月に卒業した男性(18)が5日、県に約660万円の損害賠償を求めて奈良地裁に提訴した。

 訴状などによると、昨年4月25日、当時3年生だった男性は授業で前屈運動をしていたところ男性教師に頭が膝に着くまで複数回強く押された。椎間板ヘルニアと病院で診断され、7月以降、治療のため登校して授業を受けられなかったなどとしている。

 奈良県は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。