日本郵便は18日、5月から始まる新たな元号「令和」を印字した切手シートを印刷する様子を報道陣に公開した。2019年の年賀はがきの2回目のお年玉くじ賞品となるほか、一般への販売も行う。また、令和関連の切手シート2種類の販売も明らかにした。

 この日、国立印刷局で印刷された切手シートは富士山がデザインされた500円切手2枚入りで「令和元年」と印字されている。20日に当せん番号が発表されるお年玉くじの賞品として1万シートが発行されるほか、一般向けに2万シートが販売される予定だ。

 5月上旬以降に郵便振替やネット通販で順次、購入できるようになる。