1日午前7時20分ごろ、東京都八王子市の武蔵陵墓地で、宮内庁職員から「人が倒れている」と警視庁高尾署に通報があった。駆け付けた警察官が30〜50代ぐらいの男性の遺体を発見。同署は状況から自殺の可能性があるとみて詳しく調べている。

 高尾署によると、男性の上半身に矢が刺さっており、周辺でボーガンのような物が見つかった。白っぽいシャツに、ジーンズの上から雨がっぱのズボンをはいていた。

 男性が倒れていたのは大正天皇が埋葬されている「多摩陵」の西側で、造成工事が行われているエリア。立ち入りが禁止され、柵が設けられているという。