美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の愛知県日進市にある別宅が空き巣被害に遭い、金の延べ板計7キロなどが盗まれていたことが8日、愛知署への取材で分かった。金の時価総額は3千万円以上とみられる。

 同署によると、4日午前3時ごろ、契約している警備会社が110番。玄関のドアがバールでこじ開けられ、1枚1キロの金の延べ板7枚のほか、ノートパソコン1台が盗まれていた。駐車場の防犯カメラに2、3人の不審な人物が写っていた。当時、別宅は留守だった。

 高須院長は8日、「しばらく留守にしているうちに泥棒が入った。ヘソクリ全部取られた」とツイッターに投稿した。