27日の日本列島は週末に続き広く高気圧に覆われ、埼玉県熊谷市で36.2度、群馬県伊勢崎市で36.0度を観測するなど各地で気温が上昇した。他に全国926観測点のうち30度以上の真夏日になった地点も399カ所に達した。岩手県奥州市や水戸市、埼玉県羽生市では熱中症とみられる症状で計3人が死亡した。

 気象庁によると、東京都心部では32.4度を観測し、5月としては観測史上初めて4日連続の真夏日となった。

 27日に最高気温が高くなった主な観測点は北海道帯広市35.8度、千葉県市原市と栃木県佐野市35.7度、福島県会津若松市35.6度、山梨県大月市35.4度。