大阪府の国立循環器病研究センターは30日、2013年以降の158件の研究で、国の倫理指針で定められた必要な手続きを取らないまま患者のデータなどを利用していた不適合事案があったと発表した。