自宅で長男を刺殺したとして殺人の疑いで送検された元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が事件前、妻に対し、長男の無職英一郎さん(44)への殺意をほのめかし、次に暴力を振るわれたら危害を加える趣旨の話をしていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 熊沢容疑者は家庭内暴力により「身の危険を感じた」と供述。自宅からは、殺意をほのめかす容疑者のものとみられるメモも見つかっている。

 継続的な暴力で心身共に限界を感じ、追い詰められて事件を起こした可能性があり、警視庁が経緯を調べている。