「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)の創業者、宗次徳二氏(70)が取締役を務める資産管理会社「ベストライフ」(名古屋市中区)が名古屋国税局の税務調査を受け、約20億円の申告漏れを指摘されていたことが6日、分かった。バイオリンなど減価償却できない希少な楽器が問題になったという。

 関係者によると、所有していたイタリア製のバイオリン「ストラディバリウス」など約30丁を誤って減価償却して経費に計上していた。加算税を含む追徴課税は約5億円。既に全額を納付した。