動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された動画で製品や職場環境を中傷され、社会的信用が損なわれる恐れがあるとして、日亜化学工業(徳島県阿南市)が米ユーチューブ社を相手取り、動画の削除を求める訴訟を徳島地裁に起こしたことが6日分かった。提訴は2018年10月9日付。

 訴状によると、昨年4月、元従業員を名乗る者が同社製品や職場環境を中傷する2種類の動画を日本語と英語で投稿した。動画では、製造現場が鳥や犬が紛れ込むような不衛生な状態で、品質が劣悪だとして製品を購入しないよう呼び掛けたり、重度のパワーハラスメントがあったとして、社員名や自宅住所をさらしたりした。