北海道大の名和豊春学長が職員にパワーハラスメントをしたとして、北大の学長選考会議が学長解任を求める申し出書を文部科学省に提出したことが11日、同省への取材で分かった。10日付。国立大学法人法などに基づき、本人への聞き取りを踏まえて調査し、文科相が解任するかどうかを判断する。

 名和学長は「パワハラと評価される行為に及んだ事実はない」と反論しており、文科省は「慎重に検討する必要がある。具体的な調査スケジュールについてはコメントを差し控える」としている。