26日は東北から西日本の広範囲で晴れ、富山市で37.5度を観測するなど各地で気温が上昇した。西日本と東日本では、週末に台風6号が接近し太平洋側で天気が崩れるが、その後は高気圧に覆われ8月2日ごろにかけて最高気温が35度以上の猛暑日になる所があるとして、気象庁は熱中症に十分注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、26日は強い日差しとなり、全国926観測点のうち猛暑日となったのは36カ所、30度以上の真夏日は600カ所を超えた。

 他に最高気温が高かった主な観測点は、新潟県魚沼市36.8度、石川県小松市と兵庫県豊岡市36.2度など。