東京・池袋で4月、車が暴走し母子が死亡した事故で、警視庁が来週にも自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、車の操作状況を記録する装置を調べた結果、事故時はアクセルを完全に踏み込んだ状態でブレーキを踏んだ形跡はなかったことも判明した。

 飯塚元院長はこれまでの事情聴取に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」と説明。車の機能検査でも異常は見つからなかったため、警視庁は操作ミスが原因と結論付けたとみられる。