低気圧や前線の影響で、東日本や北日本では12日朝にかけ、大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は11日、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強雨、ひょうに注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海にある低気圧と本州付近に延びる前線が東日本や北日本を通過する。暖かく湿った空気が流れ込み、上空はこの時期としては強い寒気に覆われるため、大気の状態が非常に不安定になる。

 低気圧が発達しながら日本海を東に進むため、全国的に風が強まり、波も高くなる見込みだ。